バフェットは株を買うのではなく、その会社が行っているビジネスを買う!

ウォーレン・バフェットは世界の3大投資家で株式投資だけで巨額の利益を得たことで有名です。

ウォーレン・バフェットの株式投資手法としては、優れた企業の株券を妥当な価格で購入して長期で保有するというものです。優れた企業としての条件は、市場をリードするような商品やサービスを有しており、高収益が長く続くことが挙げられます。

一般的な投資家は企業の価値を考えずに、株価の動きだけを見て株券を購入しがちです。しかし、ウォーレン・バフェットは企業の持つ価値を考えて、企業のビジネスモデルを買う投資だけを行っています。

ウォーレン・バフェットが好むビジネスモデルとしては、まず食品があります。食品は人間が生活する上で必ず必要なものであり、製品そのものは時代によって大きくは変化しない特徴があります。そのため、ウォーレン・バフェットはソフトドリンクの世界シェアナンバー1の企業の株券を大量に保有しています。圧倒的な商品力があることから、ソフトドリング業界では世界ナンバー1の座は揺るがないと見ているからです。他にも多くの食品株を保有しており、今後もビジネスモデルが継続していくことが計算ができるメリットが出ています。

次にウォーレン・バフェットが好む業界として金融があります。ウォーレン・バフェットが率いている企業では保険事業が一つの柱となっています。保険事業は長期的に確実な収益性が見込めるメリットがあります。また、銀行やクレジットカード会社も同様に経営さえしっかりとしていれば、永続的に収益を出せる環境が得られます。さらにウォーレン・バフェットが近年に投資をした企業としては、電力会社や鉄道会社が挙げられます。公益企業においても、安定して収益が見込めます。以上のようにビジネスモデルを買う投資スタイルは、長期で投資成果を出すには最適な方法で一般投資家も見習うべき手法だと言えます。

こうした優良銘柄を探す手段の一つとして、テーマ関連銘柄等の情報を発信している個人投資家のブログ等を日頃からチェックするの重要です。