ウォーレン・バフェットの基本スタンスは長期投資

ウォーレン・バフェットは、アメリカのとてつもない資産家です。そして投資家でもあり、経営者でもあり、慈善活動家でもあります。株をやっていて知らない人はいないという人物です。彼の言った言葉や考えは語録や本として有名ですし、一緒に食事をすることができる(話すことができる)というものに多額のお金で買う人も多くいます。アップルのジョブズやフェイスブックのザッカーバーグなど著名な経営者にも影響を与え敬愛されています。

バフェットが有名なのは投資家としての姿勢、考え、哲学そして実績が多くの人に評価されているからです。その投資スタンスは、自分がビジネスの理解できる企業で長期的な成長が予測でき、それを優れた経営者が経営している会社を安くなったときに集中して買うというものです。そして、高くなったときに売るというものです。これが、当時は一般的ではなかったようですが、今では長期投資を行う者の基本となっています。

そのため、短期的な株価の変動は気にせずに企業の業績にのみに目を向けるといった行動をとります。市場が低迷、世の中が不景気というときには、企業の業績に関係なく株価が下がるため、バーゲンセールと判断して買い時と考えます。

ビジネスが理解できる、成長するという部分では、その会社に優れた経営資源があるかということを考え、当時まだ有名ではなかったコカ・コーラなどにその成長の源泉を見出し投資をして成功を納めていることは有名です。

ちなみにバフェットは、偏食家でどんな高級な料理より、ハンバーガーとコーラを好んで食べるそうです。自分の好きなものや身近なものを考えて、そこに価値があるかどうかを判断して投資を行っていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です