バフェットと倹約

株式投資をしている個人投資家の多くは、いつか投資で成功をして贅沢をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。
そのような考えは決して悪いものではなく、モチベーションを保つためには重要な事になります。
しかし、あまりに欲張りすぎては失敗のもととなってしまいますから謙虚さというものも忘れてはなりません。

偉大な投資家であるウォーレン・バフェットは倹約家としてもしられ、8兆円を越すという資産を持ちながらも生活は一般的な庶民と変わらないもので、食べるものにしてもハンバーガーやチェリーコークといったものを好んでとっているという話は非常に有名なものです。
このような倹約家であるウォーレン・バフェットがなぜ、世界を代表する富豪となることができたのかということですが、それはお金の使い方を知っていたからにすぎません。
ウォーレン・バフェットの考え方というのは非常にわかりやすく、無駄なことには一切の出費をせずに逆に魅力ある投資対象には惜しみもなくお金をつぎ込むということをしているだけなのです。
無駄なものには投資せずに良いと思ったものにだけ投資をすることが、今のウォーレン・バフェットの成功の秘訣となっています。
お金というのはそれが更にお金を生み出すものだということを、よく知っているだけに僅かな無駄が莫大な利益を失う元になるという考えがあるためウォーレン・バフェットは倹約に努めているのです。

しかし、この倹約というのはあくまでも自らに対することであり慈善事業などに対しては惜しみもなくお金をつぎ込むという篤志家でもあるため、ウォーレン・バフェットはただのケチというのではなくお金の使い方を知っている倹約家ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です