バリュー投資とは?

世界的にも非常に有名なウォーレン・バフェットが実践するバリュー投資というのは、割安の銘柄を購入するという至ってシンプルな方法となります。

株価というのは企業の業績や将来性などを映すものとなっていますが、中には実態よりも割安のまま放置されている銘柄というのも少なくありません。

割安であれば誰でも株を購入すると思いがちですが、割安で放置されている銘柄というのは地味であったり将来性がない事業をしているということが多く、割安だとわかっていてもそのままになっていることが多いのです。

一定の需要があり業績としては安定しているものの、爆発的に需要が増えるわけでもないという業種は株価の下落は考えにくくても急に上昇するということは考えにくいものです。

株式投資を行う人の多くは、値上がり益を期待して株を購入するわけですからなかなか株価が上がらない銘柄というのは優先度としては低くなってしまいます。

個人投資家など資金が少ない人は少ない資金をいつまでも寝かしておいても意味がありませんから、割安で下値が限られている銘柄であっても利益が出ない株には投資をしづらくなってしまいます。

しかし、ウォーレン・バフェットは割安で魅力ある企業だと思えば、何十年でも保有を続けるという気持ちで投資をするというスタイルをとっていてそれをそのまま実践することで大きな成功をおさめることになりました。

バリュー投資というのは非常に時間のかかる投資法ですが、企業分析がしっかりとしていれば下値のリスクについては限定的であり適正水準の株価に到達する可能性のほうが早いものとなり、確実性を求める投資をするには最適な手法となっていて投資の王道ともいえる手法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です