バフェットがApple株に投資した衝撃

近年の最も偉大な投資家の一人としてアメリカの投資事業会社を取り仕切るウォーレン・バフェット氏の名前があげられます。

特に現在でのリスク分散投資として非常に大切になってくるのがバランスよく投資していくことを、一般の銀行員や証券会社の担当が言ってくるのですが、ウォーレン・バフェット氏は本当にリスクというものは自分が何をしているのかをわかっていないことにあると一蹴しており、自身はリスク分散に向けたバランス投資をするのではなく、自分の知っている企業に対して集中的に投資することで、より精度の高いまた、判断基準が優れている投資を実戦するように進めています。

さらには、自身の投資事業会社を保有している株主に対して毎年株主総会を実施するのですが、より多くの個人投資家たちが毎年オマハに訪れ、株主総会が実施されているときには、非常に活気溢れている状況になります。

これほどまでにカリスマ性を発揮しているバフェット氏ですが、以前までは自分が何をしているのかわかっていない企業に関しては投資するべきではないというスタンスから株式投資を実施する際にはオールドエコノミーを中心にコカ・コーラやカミソリの会社や、その他には保険業界や新聞業界に投資をしてきました。

さらには、IT革命のさなかでは個人投資家のほとんどがIT産業に投資しITバブルの崩壊とともに大きな痛手を負っているなかで、ほとんど資産を減らさなかったばかりか、逆にこの状況を見てチャンスと思いどんどんと投資することで、資産を増やしていきます。
そのウォーレン・バフェット氏がついにハイテク産業であるApple株に投資したため、多くの投資家の間で衝撃が走りさらには、投資の神様の更なる進化を見ることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です