オハマの賢人、ウォーレン・バフェットとは?

ウォーレン・バフェットは多くの個人投資家の憧れの存在でもあり、株式投資でその名を世界に知らしめた人物となっています。

企業分析を重視してファンダメンタル的に割安であるとする企業の株を長期で保有をする投資スタイルを持ち、オマハを中心として生活をしていることからオマハの賢人と呼ばれています。

バフェットの投資スタイルは企業の実績を重視して、将来性があるとしたものに投資を行い利益が出るまでずっと保有をするスタイルなのですが、銘柄を選ぶ上でわからないものには手を出さないという信念があります。

投資をする本人が理解していない企業というのは、将来的にどのように業績を伸ばしていきあるいは業績が落ち込む時には何が理由で落ち込むのかということがわかりませんから長期投資のビジョンを描くことができないため、このような企業には投資をしないと決めています。

そのため、一時は何を買っても利益が出たIT関連の銘柄にはバフェットは一切手を出さなかったのです。

確かにIT関連銘柄が上昇している時に、株を購入していれば莫大な利益を出すことができたわけですが、バフェット自身はIT関連の事をよく知らないためよく知らないものに大金を投じるのはリスクのほうが大きいと判断をしたのです。

バフェットからしてみれば、よくわからない銘柄に投資をするよりも割安で放置されているずっと魅力的な銘柄が市場にはたくさんありますからそのような銘柄を重視して投資をすることに徹した結果今の巨万の富を築くこととなったのです。

投資の仕方というのは様々なものがありますが、純粋に企業の将来性に魅力を感じて投資をするウォーレン・バフェットのやり方は正に株式投資を王道ともいえるものになっています。

株式投資の王道を学ぶには、中期的・長期的な相場勘に従った分析を実施している投資顧問を利用するのも一つの手ですね。投資顧問の口コミサイトを確認できるサイトを活用してみるのも一つの手ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です