ウォーレン・バフェットの基本スタンスは長期投資

ウォーレン・バフェットは、アメリカのとてつもない資産家です。そして投資家でもあり、経営者でもあり、慈善活動家でもあります。株をやっていて知らない人はいないという人物です。彼の言った言葉や考えは語録や本として有名ですし、一緒に食事をすることができる(話すことができる)というものに多額のお金で買う人も多くいます。アップルのジョブズやフェイスブックのザッカーバーグなど著名な経営者にも影響を与え敬愛されています。

バフェットが有名なのは投資家としての姿勢、考え、哲学そして実績が多くの人に評価されているからです。その投資スタンスは、自分がビジネスの理解できる企業で長期的な成長が予測でき、それを優れた経営者が経営している会社を安くなったときに集中して買うというものです。そして、高くなったときに売るというものです。これが、当時は一般的ではなかったようですが、今では長期投資を行う者の基本となっています。

そのため、短期的な株価の変動は気にせずに企業の業績にのみに目を向けるといった行動をとります。市場が低迷、世の中が不景気というときには、企業の業績に関係なく株価が下がるため、バーゲンセールと判断して買い時と考えます。

ビジネスが理解できる、成長するという部分では、その会社に優れた経営資源があるかということを考え、当時まだ有名ではなかったコカ・コーラなどにその成長の源泉を見出し投資をして成功を納めていることは有名です。

ちなみにバフェットは、偏食家でどんな高級な料理より、ハンバーガーとコーラを好んで食べるそうです。自分の好きなものや身近なものを考えて、そこに価値があるかどうかを判断して投資を行っていると言えます。

バフェットと倹約

株式投資をしている個人投資家の多くは、いつか投資で成功をして贅沢をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。
そのような考えは決して悪いものではなく、モチベーションを保つためには重要な事になります。
しかし、あまりに欲張りすぎては失敗のもととなってしまいますから謙虚さというものも忘れてはなりません。

偉大な投資家であるウォーレン・バフェットは倹約家としてもしられ、8兆円を越すという資産を持ちながらも生活は一般的な庶民と変わらないもので、食べるものにしてもハンバーガーやチェリーコークといったものを好んでとっているという話は非常に有名なものです。
このような倹約家であるウォーレン・バフェットがなぜ、世界を代表する富豪となることができたのかということですが、それはお金の使い方を知っていたからにすぎません。
ウォーレン・バフェットの考え方というのは非常にわかりやすく、無駄なことには一切の出費をせずに逆に魅力ある投資対象には惜しみもなくお金をつぎ込むということをしているだけなのです。
無駄なものには投資せずに良いと思ったものにだけ投資をすることが、今のウォーレン・バフェットの成功の秘訣となっています。
お金というのはそれが更にお金を生み出すものだということを、よく知っているだけに僅かな無駄が莫大な利益を失う元になるという考えがあるためウォーレン・バフェットは倹約に努めているのです。

しかし、この倹約というのはあくまでも自らに対することであり慈善事業などに対しては惜しみもなくお金をつぎ込むという篤志家でもあるため、ウォーレン・バフェットはただのケチというのではなくお金の使い方を知っている倹約家ということになります。

バフェットがApple株に投資した衝撃

近年の最も偉大な投資家の一人としてアメリカの投資事業会社を取り仕切るウォーレン・バフェット氏の名前があげられます。

特に現在でのリスク分散投資として非常に大切になってくるのがバランスよく投資していくことを、一般の銀行員や証券会社の担当が言ってくるのですが、ウォーレン・バフェット氏は本当にリスクというものは自分が何をしているのかをわかっていないことにあると一蹴しており、自身はリスク分散に向けたバランス投資をするのではなく、自分の知っている企業に対して集中的に投資することで、より精度の高いまた、判断基準が優れている投資を実戦するように進めています。

さらには、自身の投資事業会社を保有している株主に対して毎年株主総会を実施するのですが、より多くの個人投資家たちが毎年オマハに訪れ、株主総会が実施されているときには、非常に活気溢れている状況になります。

これほどまでにカリスマ性を発揮しているバフェット氏ですが、以前までは自分が何をしているのかわかっていない企業に関しては投資するべきではないというスタンスから株式投資を実施する際にはオールドエコノミーを中心にコカ・コーラやカミソリの会社や、その他には保険業界や新聞業界に投資をしてきました。

さらには、IT革命のさなかでは個人投資家のほとんどがIT産業に投資しITバブルの崩壊とともに大きな痛手を負っているなかで、ほとんど資産を減らさなかったばかりか、逆にこの状況を見てチャンスと思いどんどんと投資することで、資産を増やしていきます。
そのウォーレン・バフェット氏がついにハイテク産業であるApple株に投資したため、多くの投資家の間で衝撃が走りさらには、投資の神様の更なる進化を見ることになりました。

バリュー投資とは?

世界的にも非常に有名なウォーレン・バフェットが実践するバリュー投資というのは、割安の銘柄を購入するという至ってシンプルな方法となります。
株価というのは企業の業績や将来性などを映すものとなっていますが、中には実態よりも割安のまま放置されている銘柄というのも少なくありません。

割安であれば誰でも株を購入すると思いがちですが、割安で放置されている銘柄というのは地味であったり将来性がない事業をしているということが多く、割安だとわかっていてもそのままになっていることが多いのです。

一定の需要があり業績としては安定しているものの、爆発的に需要が増えるわけでもないという業種は株価の下落は考えにくくても急に上昇するということは考えにくいものです。

株式投資を行う人の多くは、値上がり益を期待して株を購入するわけですからなかなか株価が上がらない銘柄というのは優先度としては低くなってしまいます。
個人投資家など資金が少ない人は少ない資金をいつまでも寝かしておいても意味がありませんから、割安で下値が限られている銘柄であっても利益が出ない株には投資をしづらくなってしまいます。

しかし、ウォーレン・バフェットは割安で魅力ある企業だと思えば、何十年でも保有を続けるという気持ちで投資をするというスタイルをとっていてそれをそのまま実践することで大きな成功をおさめることになりました。

バリュー投資というのは非常に時間のかかる投資法ですが、企業分析がしっかりとしていれば下値のリスクについては限定的であり適正水準の株価に到達する可能性のほうが早いものとなり、確実性を求める投資をするには最適な手法となっていて投資の王道ともいえる手法です。

バフェットとバークシャー・ハサウェイ

20世紀から21世紀にかけて最も株式投資で成功した個人投資家と言えば、誰もがウォーレン・バフェット氏の名を思い浮かべます。現在85歳でも現役の投資家であるバフェット氏が代表を務める投資ファンド、バークシャー・ハサウェイの決算は世界中の投資家が注目します。中でも「バフェットからの手紙」と称される同氏の意見書は、現在の投資指南のお手本と解釈されるケースもあり、書籍化して発表する作家もいるくらいです。

バフェット氏は11歳の頃から株式投資を始め、また新聞配達を通してビジネスの基本を学びました。その後大学でグレアム氏に師事し、財務諸表分析を徹底的に研究するファンダメンタルズ分析を学びました。この分析がその後のバフェット氏のバリュー投資の基本となっています。その後、保険会社としてバークシャー・ハサウェイを共同経営しつつ、同社を通して大量の株式を購入するに至りました。いわゆる大型株への投資が多い傾向にありましたが、これは財務分析を徹底的に行い、将来数十年にわたっても存続することが予想される企業を洗い出して結果であると言われています。またバフェット氏は投資先の条件として経営者の能力の有無を非常に重要視します。時には直接経営者と面談して、有能な経営者と判断した場合はその場で株式を購入するスタイルも彼独自の投資手法と言えます。

最近は大手IT企業株を大量に保有していたことが話題となりました。しかし以前はIT業界など先行きがわからない業種株には、例えアナリストたちが推奨しても決して手を出さないという投資哲学もバフェット氏ならではです。なお、バフェット氏は世界各国の市場に常に目を配らせていますが、残念ながら日本企業の株式はほとんど有していないと言われています。

バフェットの様に多額の資金を動かしている機関投資家。多くの機関投資家も投資顧問会社に助言を求めることが多いそうですね。日本にも、個人投資家を顧客とする投資顧問会社が存在します。インターネットでは、投資顧問会社の評価を掲載しているサイトもあるので、チェックしてみることをお勧めします。

オハマの賢人、ウォーレン・バフェットとは?

ウォーレン・バフェットは多くの個人投資家の憧れの存在でもあり、株式投資でその名を世界に知らしめた人物となっています。

企業分析を重視してファンダメンタル的に割安であるとする企業の株を長期で保有をする投資スタイルを持ち、オマハを中心として生活をしていることからオマハの賢人と呼ばれています。

バフェットの投資スタイルは企業の実績を重視して、将来性があるとしたものに投資を行い利益が出るまでずっと保有をするスタイルなのですが、銘柄を選ぶ上でわからないものには手を出さないという信念があります。

投資をする本人が理解していない企業というのは、将来的にどのように業績を伸ばしていきあるいは業績が落ち込む時には何が理由で落ち込むのかということがわかりませんから長期投資のビジョンを描くことができないため、このような企業には投資をしないと決めています。

そのため、一時は何を買っても利益が出たIT関連の銘柄にはバフェットは一切手を出さなかったのです。

確かにIT関連銘柄が上昇している時に、株を購入していれば莫大な利益を出すことができたわけですが、バフェット自身はIT関連の事をよく知らないためよく知らないものに大金を投じるのはリスクのほうが大きいと判断をしたのです。

バフェットからしてみれば、よくわからない銘柄に投資をするよりも割安で放置されているずっと魅力的な銘柄が市場にはたくさんありますからそのような銘柄を重視して投資をすることに徹した結果今の巨万の富を築くこととなったのです。

投資の仕方というのは様々なものがありますが、純粋に企業の将来性に魅力を感じて投資をするウォーレン・バフェットのやり方は正に株式投資を王道ともいえるものになっています。

株式投資の王道を学ぶには、中期的・長期的な相場勘に従った分析を実施している投資顧問を利用するのも一つの手ですね。投資顧問の口コミサイト投資顧問の評判を確認できるサイトを活用してみるのも一つの手ですね。